オンラインゲームをする時の電気代を節約したい

自宅にいる時に、オンラインゲームで楽しんでいる人も多くいるでしょう。
仕事から帰ってきたときの楽しみであったり、休日の楽しみでもあるかもしれません。
しかし、気になるのはその電気代です。
外に出てレジャーでお金をたくさん使うことを考えれば安いものではありますが、それでも少しでも安い方が断然いいと言えます。
そこで、どのようにすれば電気代を抑えることが出来るでしょうか。
まずはパソコンに注目してみたときには、デスクトップ型とノート型では、ノート型の方が電気代を抑えられるようになっています。
ノート型の方が消費電力が安いものが多いですので、パソコンを買い替える時には消費電力の少ないものを選ぶようにするといいでしょう。確かにゲーミングパソコンレビューを見るとデスクトップは700W以上ですが、ノートPCは500Wくらいです。
そしてモニターに関しても、大きくなればその分消費電力が大きくなるようになりますので、必要以上に大きなものは購入しないようにした方がいいでしょう。
ですのでパソコンによっても電気代は大きく変わってくるようになりますので、オンラインゲームを毎日楽しみたいと思っているのであれば、パソコンの購入時にはよく考えてから購入するようにしましょう。
そうすれば少しでも安い費用でオンラインゲームを楽しむことが出来るようになるのです。

パソコンの設定で節電することもできます。パソコンを一日中付けっぱなしにすると300円もかかります。1ヶ月で9000円の計算です。こんなに電気代が高かったら大変です。省エネパソコンを使ったとしてもずっと電源を入れていたのでは、やはり電気代がかかってしまうのです。そこで節電設定です。パソコンにはしばらく操作をしなかったら、どうするかを設定できます。

・スクリーンセーバーを起動する
・モニタの電源を切る
・スリープモードに移行する
・パソコンの電源を切る

スクリーンセーバーを起動してもモニタもパソコンも起動したままです。節電にはなりません。おすすめはモニタの電源を切るのとスリープモードに移行する設定です。この組み合わせは最強の節電です。「パソコンの電源を切ったほうがいいのでは?」と思う人もいるでしょう。しかしパソコンが勝手に終了したら編集途中のデータが損失したり、ダウンロード途中のファイルが壊れたりと色々困ります。また、スリープモードからの復帰とパソコン起動の電気使用量を比較すると、スリープモードのほうが省エネです。だから電気代を節約したい人はスリープモードを使いましょう。